東京都世田谷区・梅ヶ丘駅徒歩3分 内科消化器科循環器科

〒154-0022 東京都世田谷区梅丘1-11-3

お問い合わせ TEL:03-3420-5219
HOMEお知らせ当院のご案内診療案内医師のご紹介交通案内

便秘|世田谷区梅丘の内科・消化器科・循環器科|直腸性便秘・痙攣性便秘など

Mobile Site
トップページ»  便秘

便秘

便秘の原因と種類

大腸の主な機能は、水分及び電解質の吸収と便の貯蔵・排泄です。
大腸には1日に約0.5~1リットルの食物残渣を含む粥上の腸内容物が小腸から流入してきます。これが盲腸~上行結腸~横行結腸~下行結腸~S状結腸と通過するうちに水分・電解質が吸収され、通常の固形便が形成されます。便が直腸に入ると便意を催し、腹筋の緊張などにより腹腔内圧を上昇させ、直腸の強い収縮・肛門括約節の弛緩がおこり排便となります。

便秘といっても症状は、数日に1回しか便が出ない、便が固い、便が出にくい、1日の排便量が少ない、残便感があるなど様々ですが、いずれにしてもこの一連の機構のいずれかに障害が起こると便秘となります。
便秘の状態がすなわち治療の対象とはなりません。例えば4日に1度の排便であっても本人に全く苦痛がなく、健常な日常生活を送っていれば治療の対象となりませんが、2日でも排便がないと不快感を覚える人は治療の対象となります。

このように便秘には不快感・腹痛などの症状がある場合、薬の副作用の場合、他の病気の随伴症状の場合治療の対象となるわけです。

便秘は下の表のように分類されます。

便秘の分類

A. 機能性便秘
  • 一過性単純性便秘
  • 常習性便秘
  • 単純性便秘
    1)弛緩性便秘
    2)直腸性便秘
  • 痙攣性便秘
B. 器質疾患に伴う便秘
  • 腸の通過障害によるもの   ───┐ 通過障害性
  • 腸以外の腹部臓器による影響 ───┘ 便秘
  • 内分泌、代謝、神経、薬剤によるもの
  • 先天性の形態異常によるもの

一過性単純性便秘とは、旅行などのときになるもので、あまり問題にはなりません。
弛緩便秘腸管の運動や緊張が低下し、腸内容物の輸送が遅くなるためにおこる便秘で、老人、内臓下垂、女性に多く見られる便秘がこの種のものです。

直腸性便秘

通常は直腸には便はありませんが、直腸内に便があっても便意を感じないか、排便反射がおこらない便秘です。
仕事などの都合で随時排便できず、排便を抑制していると慢性の直腸の拡張、排便反射の減弱をきたし、この型便秘になります。また痔などのため痛みを恐れて便意を抑えたりしてもこの便秘になります。

痙攣性便秘

過敏性腸症候群の便秘がこの方です。主にS状結腸の緊張が高まり直腸への便の進入が阻害されるためにおこる便秘です。腹痛を伴うことが多く、便は兎糞状となります。

通過障害性便秘

腸管自体の病変または、腸管外の病変の圧迫により管腔が狭くなり、便の通過障害をきたしおこる便秘です。
腸管自体の病変で代表的なものは癌です。腸管外の病変には卵巣腫瘍、腹腔腫瘍などがあります。

全身性疾患による便秘

種々の代謝性疾患、内分泌疾患で便秘をおこします。代表的なものとして糖尿病、甲状腺機能低下症があります。

この他薬の副作用でおこる便秘もあります。主な薬として鎮咳剤、胃痙攣のときに使う痛み止め(鎮痙剤)、降圧剤(カルシウム拮抗薬)、向精神薬などがあります。

治療法

器質的疾患に伴う便秘の場合は、その疾患の治療を優先します。以前と比べ排便状態に変化がある、便秘が頑固になってきている、便が細くなってきた、便に血液が付着したなどの症状があれば、器質的疾患がある可能性を念頭におき大腸内視鏡、注腸エックス線検査を含め全身の精密検査が必要です。

機能性便秘ではまず排便の機序を知り、強い下剤や浣腸の使用をやめ(1~2日便意がなくても健康に差し支えありません)、正常の排便リズムが回復するように生活習慣を改善していくことからはじめます。例えば毎朝正しく、ゆっくり朝食を摂る。便意がなくても毎朝10~15分はトイレに行くことなどを習慣づけます。

食事として食物腺維は便の容量を増やし、大腸の運動を刺激します。腺維の多いものとして野菜では、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、にんじん、たまねぎ、ジャガイモ、果物ではイチゴ、バナナ、スモモなどがあります。ほかに海藻類も良いでしょう。また起床時に冷水、冷たい牛乳を飲むのも有効です。

薬としてはまず膨化性下剤と浸潤性下剤というものを主に使います。これらが無効な場合刺激性下剤を使用します。

膨化性下剤とは、腸内容を増大し腸管を刺激する下剤でバルコーゼがあります。浸潤性下剤は、腸内容からの水分の吸収を妨げることにより、便をやわらかくします。酸化マグネシウムという薬があります。

刺激剤下剤とは、腸粘膜を刺激し蠕動運動をおこさせる下剤で、プルセニド、アローゼン、ラキソベロン、市販薬ではコーラックなどがあります。

浣腸・坐薬は長期間臥床している患者様、寝たきりのご老人など、特殊な場合を除いては便秘の治療とし ては使用しないほうがよいでしょう。これらを使用している限り正常の排便リズムは戻りません。

pagetop