東京都世田谷区・梅ヶ丘駅徒歩3分 内科消化器科循環器科

〒154-0022 東京都世田谷区梅丘1-11-3

お問い合わせ TEL:03-3420-5219
HOMEお知らせ当院のご案内診療案内医師のご紹介交通案内

消化器科|世田谷区梅丘の内科・消化器科・循環器科|便秘・胃痛・下痢・腹痛など

Mobile Site
トップページ»  消化器科

消化器科

消化器科とは

消化器科とは、食道、胃、小腸、大腸などの消化管と肝臓、胆のう、胆管、すい臓の病気を専門に扱う診療科です。腹部膨満感、胸やけ、食欲不振、胃もたれ、吐き気、胃痛、腹痛、便秘、血便、下痢などでお困りの方、検診で肝機能異常を指摘された方、胃検診や大腸がん検診で異常を指摘された方、胃腸、肝臓、胆のう、膵臓などの検査を希望の方は、消化器科を受診してください。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、腸管洗浄薬(腸をきれいにする薬)を服用し、腸内をきれいにした後、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察し、大腸癌・大腸ポリープ・炎症性疾患などの病気を見つけ、診断します。
検査中に病変が発見された場合、腫瘍性のものや早期ガンであれば、その場で切除をおこなう事も可能です。
検査と同時に治療(手術)することができる検査です。

胃内視鏡検査

内視鏡検査とは、「胃カメラ」ともいわれ、胃の中に入れて、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。
医療機器や技術の発達により応用範囲も広がり、診断から治療までスムーズに行われるようになってきました。
観察する病変の場所、種類によって方法が異なりますので、検査を受けられる場合には十分に説明が必要です。

pagetop