東京都世田谷区・梅ヶ丘駅徒歩3分 内科消化器科循環器科

〒154-0022 東京都世田谷区梅丘1-11-3

お問い合わせ TEL:03-3420-5219
HOMEお知らせ当院のご案内診療案内医師のご紹介交通案内

食道癌|世田谷区梅丘の内科・消化器科・循環器科|定期健診

Mobile Site
トップページ»  食道癌

食道癌

どんな病気?

50歳以後に多く発生し、特に高齢者に多く、男女比は約5~6:1で男性に多い癌です。罹患頻度は人口10万人あたり約5人、胃癌の1/9~10に相当します。

発生には喫煙、高濃度のアルコール摂取が関連しているといわれています。その他、我が国では奈良、和歌山で発生頻度が高く、熱い茶粥の摂取の関連が指摘されています。また、中国の多発地域でニトロソアミンという発癌物質が検出され、これも一因とされています。

食道は細長い管腔臓器ですが、内側から粘膜上皮・粘膜固有層・粘膜筋板・粘膜下層・固有筋層・外膜という構造になっています。癌は粘膜上皮から発生し、徐々に外側へ発育していきます。発育が粘膜下層までにとどまっているものを表在癌といいます。このうち転移を起こしてきます。癌が固有筋層まで浸潤したものを進行癌といいます。

症状

一番多いのは進行性の嚥下時の痛み、つかえ感、異物感などを訴えますが、いずれにしてもこれらの症状のある人は、殆どが進行癌です。表在癌では、食道のしみる感じ、胸骨後部の痛みなどを訴える人もいますが、症状の無い場合が多く定期健診などで発見させることも少なくありません。

検査方法

エックス線検査

バリウムを飲み食道を造影する検査です。進行癌を見逃すことはまずありませんが、早期食道癌を診断することは、この検査では非常に困難です。

内視鏡検査

内視鏡を飲んでもらい、食道粘膜を直接観察する検査です。上述したように、食道癌は非常に早い時期から転移を起こします。早期食道癌発見には不可欠の検査です。早期食道癌は非常に所見に乏しく、ごく軽度の隆起や陥凹、発赤や退色などの色調変化しかない場合が多く、発見を困難にしますが、内視鏡でこのような所見を認めた場合ルゴールというヨードを含む液体を散布します。食道の粘膜上皮は、グリコーゲンを含み、それがヨード反応をおこし暗褐色に染色されますが、癌の部分にはグリコーゲンが減少していたり、欠如しているため染色されません。このような不染部位があれば、そこを生検(小さな組織を採取すること)して診断をつけます。

欠点として、狭窄の進んだ進行癌においては、内視鏡を深部へ挿入することが出来なくなるため、全体像の把握はエックス線などの他の検査に委ねられることになります。

内視鏡下超音波診断法

腹部超音波検査は、最近では多く医療機関に設備されており、胆石などの診断に非常に有用な手段となっています。この超音波を内視鏡の先端につけ、癌がどの層まで浸潤しているかを見る検査です。

この他、癌浸潤の範囲、他の臓器やリンパ節への転移の有無を検査するためにCT、MRI、血管造影などの検査があります。

治療法

外科的な手術が第一選択となります。しかし食道癌は発見が遅れることが多く、手術で癌が取りきれない場合、放射線療法、抗癌剤を使った化学療法などを組み合わせることもあります。また、最近では内視鏡の進歩、普及により早期の食道癌が見つかる場合も増えてきています。この場合内視鏡粘膜切除術といい、手術をせずに内視鏡で癌を取り除く治療も行われるようになっています。

pagetop